自分史deいまてらす|取材&撮影付自分史 プロ制作が8万円

長寿祝いにプレゼント用の自分史を贈ろう

1

HOME

長寿のお祝い年齢一覧

長寿祝いの種類とその由来

長寿のお祝いは還暦から始まり、本来は数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近は満年齢で祝う人が多くなっています。長寿を祝う節目の年齢にはそれぞれ名前が付けられていて由来があります。感謝の気持ちといつまでも長生きしてほしいことを願ってお祝いしてあげたいものですね。以下、長寿祝いの年齢・由来の一覧になります。
還暦(かんれき)
61歳(満60歳)
60年で十干十二支が一巡してもとの暦に還ることに由来。赤いちゃんちゃんこは赤子に戻りもう一度生まれ変わって出直すという意味。長寿祝いの色は赤・朱。
古希(こき)
70歳
中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」に由来。長寿祝いの色は紫。
喜寿(きじゅ)
77歳
喜の字を分解すると十七の上に七が付いたような文字となることに由来。長寿祝いの色は紫。
傘寿(さんじゅ)
80歳
傘の字の略字を分解すると八十となることに由来。長寿祝いの色は金茶。
米寿(べいじゅ)
88歳
米の字を分解すると八十八となることに由来。長寿祝いの色は金茶。
卒寿(そつじゅ)
90歳
卒の字の略字「卆」が九十と読めることに由来。長寿祝いの色は白。
白寿(はくじゅ)
99歳
百の字から一を引くと「白」になることに由来。長寿祝いの色は白。
百寿(ももじゅ)
100歳
100歳であることから百寿。ひゃくじゅ。紀寿(きじゅ)とも。紀は一世紀を表すことから。長寿祝いの色は白。
茶寿(ちゃじゅ)
108歳
茶の字を分解すると八十八、十、十となり、すべて合わせると108になることに由来。
皇寿(こうじゅ)
111歳
皇の字を分解すると白(99歳)、一、十、一となり、すべて合わせると111になることに由来。
大還暦(だいかんれき)
120歳
2回目の還暦。

 

長寿祝いの贈り物にプレゼント自分史。

TOPバナー

今年、61歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳、100歳を迎える父や母、祖父・祖母がいらっしゃる方、長寿祝いのプレゼントに、親の半生を知っておくきっかけに、プレゼント用の自分史を贈りませんか?

「自分史deいまてらす」は、長年,広告業界にいる自分史活用アドバイザーと経験豊かな制作陣が〝あったらいいな〟な自分史を手掛けています。父や母への長寿祝いのプレゼントをお探しの方や、お安く自分史作りを楽しみたい方に、自分史制作の相場合わせることなくご提供する、低価格でハイクオリティな自分史制作代行サービスです。ぜひ当サイトをご覧ください。

公式サイトはこちら ⇒ 自分史deいまてらす

親孝行できるのは親が生きているうち。

「親孝行したい時に親は無し」ということわざがあります。分かっているけどふだんは恥ずかしさ、照れくささもあり、なかなか行動に移せない方も多いのでは。「やっておけば良かった・・・」と後悔しないように、今の自分に出来る精一杯の親孝行をしておきたいものです。今の自分がいるのは両親のおかげ。節目の年齢を迎える長寿のお祝いは、親孝行するチャンスでもあります。ご兄弟みんなで、ご家族みんなで、感謝の気持ちと長生きを願って出来る範囲でお祝いのプレゼントを贈られてみてはいかがでしょう。
自分史deいまてらす

平均寿命 女性86.99歳、男性80.75歳

あと何回、両親に会えるか、考えたことはありますか?

(平均寿命-親の年齢)×(1年間に会える日数)=今から親と過ごせる残り日数。

平成27年の日本人の平均寿命が女性86.99歳、男性80.75歳となったことが厚生労働省が5年ごとに発表している完全生命表でわかりました。計算式をもとに日数を調べて「え?これだけ?」と感じた方は意識的に親に会う回数・日数を増やしてみましょう。人生で後悔することの代表的なものに「もっと親孝行しておけばよかった」が上がります。親に会って話をし、もっと親のことを知っておくとよいのではないでしょうか。

平均寿命参照:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/index.html

 

自分史deいまてらす

モバイルサイト

Spotlight,LLCモバイルサイトQRコード

Spotlight,LLCモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • おふたりセット
  • マタニティ編バナー
  • 親の婚活編バナー
  • エンディングノート編バナー
  • 長寿祝い基礎知識
  • Facebook
  • Twitter